2013年08月05日

<ちいさなサロンで聴く大きな初DUO> 高木和弘(Vn)×平井み帆(Cem)

2013年9月12日(木) 19:00開演 18:30開場

出演:高木和弘(ヴァイオリン) 平井み帆(チェンバロ)

高木 み帆チラシ表.jpg
高木 み帆チラシ裏.jpg


曲目:
ALL ヨハン・セバスチャン・バッハが実現!
ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ第4番 ハ短調 BWV1017
無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
ヴァイオリンと通奏低音の為のソナタ ホ短調 BWV1023
ファンタジーとフーガ イ短調 BWV904 (チェンバロソロ)
ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ 第3番 ホ長調 BWV1016

会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン

料金:
一般¥3,500(前売) ¥4,000(当日)
大学生以下¥2,000

チケット購入は★こちら★

主催:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
後援:豊中市 / 在大阪・神戸オランダ領事館
協賛:大阪ガス住宅設備株式会社
協力:久保田チェンバロ工房 / ミュージック・アート・ステーション

お問い合わせ:
ノワ・アコルデ音楽アートサロン
Tel:06-6862-8855 Fax:06-6868-0595
Mail:nowa-aco@music.email.ne.jp

【出演者プロフィール】

高木和弘 Kazuhiro Takagi(ヴァイオリン)

KazuhiroTakagi.jpg


大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に首席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーブ国際コンクール3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第1位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU 率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birds のバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニット tokyo.panda のバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE&COLLECTION や BANANA REPUBLIC のショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまでに大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター、東京交響楽団コンサートマスター等を経て、現在は国内の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師 森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。
近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター、長岡京室内アンサンブルメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds 、tokyo.panda のバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
高木和弘公式webサイト http://www.kazuhirotakagi.com/



平井み帆 Miho Hirai (チェンバロ)

MihoHirai.jpg


富山県出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。97年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと共に、CDも多数リリース。07年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤に、10年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナタ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。
また、11年発売の「イタリアへの夢U」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。富山古楽セミナーチェンバロ講師を務めると共に、各地で講習会も行っている。
平井み帆公式webサイト http://homepage2.nifty.com/hirai_miho/



posted by nowa応援隊 at 11:34| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

高木和弘の誰でも聴ける演奏付きレクチャー

2013年9月13日(金) 19:00開演 18:30開場
楽器の発展に伴う作曲の進歩について演奏を交えて解き明かします!

講師:高木和弘(ヴァイオリン) 平井み帆(チェンバロ)

曲目:未定(決定次第掲載します。)

会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン

料金:
一般¥3,000(前売) ¥3,500(当日)
大学生以下¥1,500

主催:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
後援:在大阪・神戸オランダ領事館
協賛:大阪ガス住宅設備株式会社
協力:久保田チェンバロ工房 / ミュージック・アート・ステーション

お問い合わせ:
ノワ・アコルデ音楽アートサロン
Tel:06-6862-8855 Fax:06-6868-0595
Mail:nowa-aco@music.email.ne.jp


【講師プロフィール】
高木和弘 Kazuhiro Takagi(ヴァイオリン)


KazuhiroTakagi.jpg


大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に首席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーブ国際コンクール3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第1位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU 率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birds のバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニット tokyo.panda のバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE&COLLECTION や BANANA REPUBLIC のショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまでに大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター、東京交響楽団コンサートマスター等を経て、現在は国内の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師 森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。
近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター、長岡京室内アンサンブルメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds 、tokyo.panda のバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
高木和弘公式webサイト http://www.kazuhirotakagi.com/



平井み帆 Miho Hirai (チェンバロ)

MihoHirai.jpg


富山県出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。97年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと共に、CDも多数リリース。07年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤に、10年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナタ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。
また、11年発売の「イタリアへの夢U」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。富山古楽セミナーチェンバロ講師を務めると共に、各地で講習会も行っている。
平井み帆公式webサイト http://homepage2.nifty.com/hirai_miho/




posted by nowa応援隊 at 14:46| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ちいさなサロンで聴く大きな初DUO> 高木和弘(Vn)×平井み帆(Cem)

2013年9月12日(木) 19:00開演 18:30開場

出演:高木和弘(ヴァイオリン) 平井み帆(チェンバロ)

高木×み帆仮チラシ0514.jpg


曲目:
ALL ヨハン・セバスチャン・バッハが実現!
ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ第4番 ハ短調 BWV1017
無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
ヴァイオリンと通奏低音の為のソナタ ホ短調 BWV1023
ファンタジーとフーガ イ短調 BWV904 (チェンバロソロ)
ヴァイオリンとチェンバロの為のソナタ 第3番 ホ長調 BWV1016

会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン

料金:
一般¥3,500(前売) ¥4,000(当日)
大学生以下¥2,000

チケット購入は★こちら★

主催:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
後援:豊中市 / 在大阪・神戸オランダ領事館
協賛:大阪ガス住宅設備株式会社
協力:久保田チェンバロ工房 / ミュージック・アート・ステーション

お問い合わせ:
ノワ・アコルデ音楽アートサロン
Tel:06-6862-8855 Fax:06-6868-0595
Mail:nowa-aco@music.email.ne.jp

【出演者プロフィール】

高木和弘 Kazuhiro Takagi(ヴァイオリン)

KazuhiroTakagi.jpg


大阪に生まれる。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。
6歳よりバイオリンを始め、国内で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たし、大阪で最も古い歴史と伝統を誇る大阪府立北野高等学校を卒業後渡仏。リヨン高等音楽院に学び、1994年に首席で卒業。
1995年渡米し南メソディスト大学に学ぶ。その後も2000年より文化庁派遣芸術家在外研修員としてシカゴのルーズベルト大学に在学。
主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年ジュネーブ国際コンクール3位(1位なし)、2001年アメリカ・インディアナ州で行われたフィショッフ室内楽コンクールにてユーシア弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者として第1位などが挙げられる。
国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化祭賞大賞受賞、2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。
近年は音楽のジャンルの壁を飛び越えての活動もめざましく、DJ YOKU 率いるクラブ系サルソウルオーケストラ、A Hundred Birds のバイオリン奏者として、またヒップホップのキーボーディスト、タケウチカズタケ氏とのユニット tokyo.panda のバイオリンとしてもシーンを沸かせている。FUKUOKA LOVE&COLLECTION や BANANA REPUBLIC のショー等、ファッションショーでの出演も数多い。
国内外のオーケストラとのソリストとしてもこれまでに大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。
コンサートマスターとしてもダニエル・バレンボイム率いるシヴィック・オーケストラ・オブ・シカゴのコンサートマスター、ドイツのヴュルテンベルグ・フィルハーモニーの首席コンサートマスター、東京交響楽団コンサートマスター等を経て、現在は国内の様々なオーケストラから多くの出演の依頼がある。
室内合奏の分野においても恩師 森悠子女史率いる長岡京室内アンサンブルでの経験を活かし、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダーとしても活動を展開中である。
近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。
現在、山形交響楽団ソロ・コンサートマスター、長岡京室内アンサンブルメンバー、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、リリス・チェンバー・オーケストラのリーダー、A Hundred Birds 、tokyo.panda のバイオリニストとしても演奏活動を展開中。
高木和弘公式webサイト http://www.kazuhirotakagi.com/



平井み帆 Miho Hirai (チェンバロ)

MihoHirai.jpg


富山県出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。97年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと共に、CDも多数リリース。07年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤に、10年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナタ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。
また、11年発売の「イタリアへの夢U」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。富山古楽セミナーチェンバロ講師を務めると共に、各地で講習会も行っている。
平井み帆公式webサイト http://homepage2.nifty.com/hirai_miho/




posted by nowa応援隊 at 14:25| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リコーダー、リュート、チェンバロによるバロック音楽 国めぐり

2013年6月17日(月)19:00開演 18:30開場

出演:
藤田隆(リコーダー)
高本一郎(リュート)
平井み帆(チェンバロ)


藤田チラシ表.jpeg
藤田チラシ裏.jpeg


曲目:
-イタリア-
コレッリ:ソナタ "ラ・フォリア"(Rec.Cemb.Lute)
スカルラッティ:ソナタト長調 K.144 カンタービレ(Cemb)

-イギリス-
パーチャム:ソナタト長調(Cemb.Rec.)

-ドイツ-
バッハ:無伴奏チェロ組曲からサラバンド ガヴォット(Lute)
                   (高本氏編曲ver.)
テレマン:トリオソナタ 変ロ長調(Rec.Cemb.Lute)

※曲目は変更する場合がございます。

料金:
一般¥3,800(前売) ¥4,000(当日) 大学生以下¥2,000

チケット購入は★こちら★

後援:豊中市
お問い合わせ:ノワ・アコルデ事務所
(TEL:06-6862-8855 FAX:06-6868-0595)

出演者プロフィール:

藤田隆 Takashi Fujita (リコーダー)
関西でいち早くリコーダー演奏を手がけ、大阪音楽大学を卒業後プロの演奏家としてデビュー。
大阪文化祭賞、音楽クリティッククラブ賞を受賞するなどこの分野を確立した。1974年、大阪国際フェスティバル協会の海外派遣文化交流員として渡欧、また現在まで4度テレマン室内管弦楽団のド
イツ招聘演奏旅行にソリストとして赴き、リコーダーの演奏に対して絶大なる評価を得る。 また学校教育音楽の分野でも全国的に活動し、上方風のユニークな指導は定評がある。8年前から 「スーパーリコーダーカルテット」を組織し、全国的に衝撃を与えた。大阪音楽大学名誉教授。大阪 音楽大学音楽博物館長を10年間就任。

高本一郎 Ichiro Takamoto (リュート)
5歳からギターをはじめ『読売ギターコンクール銀賞』など数々のコンクールに入賞。 相愛大学音楽学部卒業後、フランス国立ストラスブール音楽院でリュートを学ぶ。 ルーヴル美術館でのソロ公演、フランスのTV・ラジオ出演、CM音楽製作、 多数のCD録音、演劇・能狂言・落語、日本伝統音楽、他ジャンルとのコラボなど多彩な演奏活動を展開。
「日本テレマン協会」ソリスト、大阪音楽大学付属音楽院講師。 自作曲による新譜『シャコンヌ・オリエンターレ』がANA国際線の機内オーディオに選ばれる。
『リュートの時間』http://ichiroluth.exblog.jp/

平井み帆 Miho Hirai (チェンバロ)
富山県出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専 攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに 出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。97年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと 共に、CDも多数リリース。07年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤 に、10年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナ タ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。
また、11年発売の「イタリアへの夢II」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共 に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。富山古楽セミナーチェンバロ講師を務める
と共に、各地で講習会も行っている。
平井み帆公式webサイト
http://homepage2.nifty.com/hirai_miho/




posted by nowa応援隊 at 12:51| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

〜深遠なる無伴奏ヴァイオリンの世界〜寺神戸亮

2013年4月5日(金)
〜深遠なる無伴奏ヴァイオリンの世界〜寺神戸亮が開催されました。

皆様、寺神戸さんの素敵なヴァイオリンの音色で
小さなサロンならではのコンサートを楽しまれていました。

今回のプログラムはノワ・アコルデ音楽アートサロンが初めての
マニアックなものだそうです。
ノワ・アコルデ音楽アートサロンだからこの曲達!!
という感じですね♪
485337_290254521108089_39702061_n.jpg


今回のオーナーお手製プログラムは
春らしい、桜の花びらがハートになっている可憐なプログラムでした♪
549049_290254074441467_621607714_n.jpg

お菓子はTUKITUKIさん♪
【桜音】 とお名前がついています。
フワフワの生地のなかには春の香りがいっぱい詰まっていて
お客様がいただいている際にはサロンが桜色の香りになっていました。
いつも素敵なお菓子をありがとうございます。


2013年4月6日(土)は
胡桃庵古楽道場《其の二十三》寺神戸流マスターコースレッスンが開催。
当初の予定の4コマから1コマ増えての5コマのレッスンとなりました。
天候の悪い中、受講者&聴講者の皆様はとても有意義なレッスンを過ごされたようです。
アンサンブルレッスンでは寺神戸先生自らが参加されての演奏も!!
894952_442784562474442_1723104258_o.jpg

なかなかできない貴重な体験をされたのではないでしょうか?

レッスンも終わり、懇親会で和気あいあいとしていたら
887231_442501005836131_1302894229_o.jpg

不思議な楽器が登場!!
実はこれは子供用のチェロなのだそうで
寺神戸先生は肩からかけて演奏されました♪♪♪

何が起こるかわからないノワ・アコルデ音楽アートサロンのレッスン
なかなか受けることのできない先生の貴重なレッスンと
その後の懇親会はいつも大好評!!
受講はもちろん!
聴講は当日でもかまいませんのでお気軽にお越しくださいね☆



応援隊M



posted by nowa応援隊 at 14:24| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする