2013年05月30日

胡桃庵古楽道場《其の二十六》武久源造流

2013年8月24日(土)
公開レッスン @9:00 A10:00 B11:00 C13:00 D14:00(各60分)
レクチャー 16:00-17:30

公開レッスンA〜Cは受講者決定しています。
@9:00 & D14:00 は受講者募集中です。♪♪

レクチャーテーマ:チェンバロを躍らせるにはどうしたら良いか
演奏曲目 F.クープラン 第8オルドル
J.S.バッハ フランス風序曲 BWV831 等

会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン

料金:
【受講料】ソロ:13,000円 アンサンブル:16,000円
(チェンバロ使用は別途¥2,000必要。友の会会員¥1,500)
(レッスン聴講料込み)

【聴講料】1コマ¥1,000 全コマ通し券¥2,000
     レクチャー¥3,000

レクチャーのみオンラインでチケット予約が可能です♪
チケット購入は★こちら★

お問い合わせ:ノワ・アコルデ音楽アートサロン 
Tel:06-6862-8855 Fax:06-6868-0595 Mail:nowa-aco@music.email.ne.jp


《講師プロフィール》
GenzoTakehisa.jpg

武久源造(チェンバロ)
1957年生まれ。
1984年 東京芸術大学大学院 音楽研究科修了。
チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり、様々なレパートリーを持つ。特にブクステフーデ、バッハなどのドイツ鍵盤作品では、その独特で的確な解釈に内外から支持が寄せられている。また、作曲・編曲作品を発表し、好評を得ている。
02年著書「新しい人は新しい音楽をする」(アルク出版企画)を出版。各方面から注目を集め、好評を得ている。05年より鍵盤楽器の新領域とも言えるシンフォニーのピアノ連弾版に取り組み、多方面から注目を集めている。06年、NHK第一ラジオ「ときめきカルチャー」コーナーに年間を通じて出演。
1998〜2010年3月フェリス女学院大学音楽学部及び大学院講師。




posted by nowa応援隊 at 13:54| Comment(0) | 胡桃庵古楽道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡桃庵古楽道場《其の二十五》平井み帆流

2013年6月16日(日)  

☆チェンバロ体験講座☆ 11:00〜12:45
17〜18世紀、ヨーロッパの宮廷で活躍したチェンバロ。
その歴史や構造について、演奏を交えて分かりやすく解説し、
また、実際にチェンバロに触れていただきます。

☆公開レッスン☆(各コマ45分)
@10:00 受講曲:G.ヘンデル 組曲ホ長調 調子のよい鍛冶屋

A13:45 受講者募集中♪

B14:30&C15:15 受講曲:ルクレール トリオソナタニ短調 Op.4-1

講師:平井み帆(チェンバロ)

料金:
チェンバロ体験講座 ¥1,500(一般) ¥1,000(大学生以下)
ソロ¥8,000 アンサンブル¥9,000(チェンバロ使用料・聴講料込)
聴講¥1,000(1コマ)

お問い合わせ:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
Tel:06-6862-8855 Fax:06-6868-0595

講師プロフィール:
平井み帆 Miho Hirai (チェンバロ)
富山県出身。桐朋学園大学ピアノ科卒業。同大学研究科、デン・ハーグ王立音楽院(チェンバロ)専 攻修了。有田千代子、ジャック・オッホの各氏に師事。在学中よりユトレヒト古楽フェスティバルに 出演する等、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開する。97年帰国。日本各地で活発な演奏活動を行うと 共に、CDも多数リリース。07年発売の「イタリアへの夢」はレコード芸術誌特選盤、音楽現代推薦盤 に、10年発売の「ブクステフーデ:ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェンバロのためのソナ タ全集」は文化庁芸術祭レコード部門優秀賞に選ばれた。 また、11年発売の「イタリアへの夢II」はレコード芸術誌特選盤、朝日新聞推薦盤に選ばれると共 に、レコード・アカデミー賞にもノミネートされている。富山古楽セミナーチェンバロ講師を務める と共に、各地で講習会も行っている。
平井み帆公式webサイト
http://homepage2.nifty.com/hirai_miho/




posted by nowa応援隊 at 12:43| Comment(0) | 胡桃庵古楽道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

武久源造さんからのメッセージ♪

2013年5月6日(月祝)に開催されます
胡桃庵古楽道場《其の二十四》武久源造流
公開レッスン&レクチャー&非公開レッスン!!


武久源造チラシレクチャー非公開レッスンあり0412.jpg


レクチャー内容についてのコメントを武久さんよりいただきましたので
こちらでご紹介したいと思います。

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

18世紀になって、チェンバロの音は、より持続するようになり、音色も多彩になり、ま
た、音量感もゴージャスになりました。
これに伴い、バッハは、そのインヴェンツィオンの序文で、「カンタービレな奏法」につ
いて語り、クープランは、多くの歌唱的旋律をクラヴサンのために書きました。
バッハの先人であるクーナウは、「我々の楽器によって、聴衆を様々な感情へと誘うこと
ができるのだ」と語っていますが、これは、典型的な17世紀的な、修辞学に基づく演奏法
を示唆しています。
ドラマティックな演奏法から、カンタービレな演奏法へ、これが17世紀から18世紀にかけ
ての大きな変化の内容であった、と私は考えています。

チェンバロは、元々、一つの音の中に、無数の倍音を含み、しかも、それらの倍音を明瞭
に聞き分けることのできる楽器です。
即ち、チェンバロの一つの音は、それ自体、音の宇宙である、ということができます。
さらに、チェンバロの音は、発音されてから、もう一度僅かに膨らむ、ブルームと呼
ばれる特徴を持っています。このブルームは、国により、時代により、その振る舞いが変
わります。
ここに、上に述べた、ドラマティックな演奏から、カンタービレな演奏への移り変わりの
鍵があります。

このレクチャーでは、それを実際の音で聴いていただきながら、チェンバロの音の宇宙の
奥深くへと、皆様と共に、分け入ってみたいと思います。

源造

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

公開レッスン時間: @13:00 A14:00 B17:00 C18:00(1コマ60分)
受講料:ソロ¥10,000 アンサンブル¥13,000
       (チェンバロ使用料別途必要¥2,000 友の会会員¥1,500)
聴講料:¥1,000(1コマ)¥3,000(4コマ通し券)
¥2,000(レクチャー)※¥4,000(4コマ通し券+レクチャー)

レクチャー:15:30~16:30
チェンバロを歌わせるにはどうすれば良いか、バッハとクープランの鍵盤音楽を巡って

非公開レッスン:ソロ¥12,000 アンサンブル¥15,000
(時間帯はご相談の上、設定させて頂きます)

お申し込みはこちらのPDFをプリントし、必要事項をご記入の上
ノワ・アコルデ事務所まで郵送かFAX、メール添付してください。
〠561-0852 豊中市服部本町1-8-20 FAX 06-6868-0595

お問い合わせはお気軽に!!
月・火・木・金 10時〜17時まで TEL 06-6862-8855


是非是非この機会に
貴重な武久さんの音楽の世界、レッスン&レクチャーを受講してみてください!

応援隊M


posted by nowa応援隊 at 12:44| Comment(0) | 胡桃庵古楽道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

胡桃庵古楽道場《其の二十四》武久源造流

胡桃庵古楽道場《其の二十四》武久源造流
武久源造チラシレクチャー非公開レッスンあり0412.jpg

日時:2013年5月6日(月祝)
    @13:00 A14:00 B17:00 C18:00(1コマ60分)
受講料:ソロ¥10,000 アンサンブル¥13,000
       (チェンバロ使用料別途必要¥2,000 友の会会員¥1,500)
聴講料:¥1,000(1コマ)¥3,000(4コマ通し券)
¥2,000(レクチャー)※¥4,000(4コマ通し券+レクチャー)
レクチャー:15:30~16:30
チェンバロを歌わせるにはどうすれば良いか、バッハとクープランの鍵盤音楽を巡って

お申し込みはこちらのPDFをプリントし、必要事項をご記入の上
ノワ・アコルデ事務所まで郵送かFAX、メール添付してください。
〠561-0852 豊中市服部本町1-8-20 FAX 06-6868-0595

お問い合わせはお気軽に!!
月・火・木・金 10時〜17時まで TEL 06-6862-8855

【武久源造Profile】
1957年生まれ。1984年 東京芸術大学大学院 音楽研究科修了。
チェンバロ、ピアノ、オルガンを中心に各種鍵盤楽器を駆使して中世から現代まで幅広いジャンルにわたり、様々なレパートリーを持つ。特にブクステフーデ、バッハなどのドイツ鍵盤作品では、その独特で的確な解釈に内外から支持が寄せられている。また、作曲、編曲作品を発表し、好評を得ている。
02年著書「新しい人は新しい音楽をする」(アルク出版企画)を出版。各方面から注目を集め、好評を得ている。05年より鍵盤楽器の新領域とも言えるシンフォニーのピアノ連弾版に取り組み、多方面から注目を集めている。
06年NHK第一ラジオ「ときめきカルチャー」コーナーに年間を通じて出演。
1998〜2010年3月 フェリス女学院大学音楽学部及び同大学院講師。

オフィシャルサイトはこちら♪


応援隊M



posted by nowa応援隊 at 11:00| Comment(0) | 胡桃庵古楽道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

胡桃庵古楽道場《其の二十三》寺神戸流マスターコースレッスン

胡桃庵古楽道場《其の二十三》
寺神戸流マスターコースレッスン

2013年4月6日(土) 
@11:00 A13:00 B14:00 C15:00

大好評につき受講枠は全て決定しましたのでお知らせします。

聴講は募集中です!!

聴講料 1コマ¥1,000  全コマ¥3,000



11:00  Vn  伴奏:Cem 
    コレルリ:ヴァイオリンソナタ Op.5-4 T U V

13:00  Cem B.Vn Gamb Rec
    Élisabeth-Claude Jacquet de la Guerre:トリオソナタ B-dur

14:00  Cem B.Vn Gamb Ft
    テレマン:パリ四重奏曲 G-dur

15:00  B.Vn B.Vc
 コレルリ:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 作品5より
          第12番 ニ短調《ラ・フォリア》




応援隊M


posted by nowa応援隊 at 12:30| Comment(0) | 胡桃庵古楽道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする