2018年02月19日

4月7日 ゆがみの美学 Vol.4 プログラムが決定しました♬

2018年4月7日(土)ゆがみの美学 Vol.4  

18世紀欧州音楽旅行 
出演:ロール・モラビト(クラブサン)折井あきつ(トラヴェルソ)
プログラム詳細が届きました。

2018年1月に急逝した仏作曲家ルノー・ガニュー(1947-2018)を偲んで。

欧州各国で活躍したバロック全盛期の作曲家の手によるバロックフルートの名曲にクラヴサンのソロ曲を縫い込みます。17世紀後半から20世紀、大の親日家だったガニュー氏の松尾芭蕉・与謝蕪村の俳句をモチーフとした作品まで、時間と空間、2次元の音楽による欧州旅行です。



Voyage musical en Europe au XVIIIe siècle avec J.M.Leclair, F.Couperin, G.Telemann, P.A.Locatelli 
18世紀欧州音楽旅行~J.M.ルクレール、F.クープラン、G.テレマン、P.A.ロカテッリ と共に~


Hommage à Renaud Gagneux (1947-2018)ルノー・ガニューを偲んで


programmeプログラム:


“Pavanne de Monsieur de Chambonnière” (1670)
シャンボニエール氏によるパヴァーヌ


Charles Dieupart シャルル・ディユパー
“3e Suitte” (1701) 組曲第3番 1701年


François Couperin フランソワ・クープラン
Art de toucher le Clavecin (1717) クラヴサン奏法より 
5e et 7e préludes プレリュード第5番と第7番


Jean-Marie Leclair ジャン・マリー・ルクレール
Sonata V (1728) ソナタ第5番


Jacques Duphly ジャック・デュフリー
3e livre de pièces de Clavecin (1756) 第3クラヴサン曲集  

La Forqueray, Médée フォルクレイ・メデ


Pietro Antoine Locatelli ピエール・アントワンヌ・ロカテッリ 
Sonate VI (1732) ソナタ第6番


François Couperin フランソワ・クープラン
“ Le Rossignol en Amour” (1722) 恋する鶯
Renaud Gagneux ルノー・ガニュー 
Printemps 1 (2001) 春1


Renaud Gagneux ルノー・ガニュー
Quatre Haiku de Basho (2007) 芭蕉の4つの俳句


George Philippe Telemann ゲオルグ・フィリップ・テレマン
Methodische Sonaten (1728) “Sonata quinta” 教育的ソナタ 第5番


問合せ・レッスン受講予約 paulownia.pro@gmail.com

チケット購入 https://t.livepocket.jp/e/yugami4

電話予約 ノワ・アコルデ 06-6862-8855 まで


ゆがみ表.jpeg
ゆがみ裏.jpeg

posted by nowa応援隊 at 15:23| Comment(0) | サロンでのコンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: