2014年07月14日

コントラバスの魅力 深澤功を聴きたい!

コントラバスの魅力 深澤功を聴きたい!

2014年8月9日(土)17:00開演 16:30開場

出演:深澤 功(コントラバス)藤本史子(ピアノ)

深澤チラシjpeg.jpg


【プログラム】
「序奏、テーマとヴァリエーション」:ティボール
Introduction, Theme and Variations :G.Tibor

「シャンソントリステ、小さなワルツ」:クーセヴィツキー
Chanson Triste, Valse Miniature:S.Koussevitzky

「コル 二ドライ」:ブルッフ
Kol Nidrei:M.Bruch

「鳥の歌」:カザルス
Song of the Birds:P.Casals

「シチリアーノ」:フォーレ
Sicilienne:G.Fauré

「亡き王女のためのパヴァーヌ」:ラヴェル
Pavane pour une infante défunte:M.Ravel

「桜に寄す」:大澤壽人
Une voix a “SAKURA”:H.Osawa

「エレジーとタランテラ」:ボッテジーニ
Elegia e Tarantella:G.Bottesin

料金:一般¥3,500(前売)¥4,000(当日)大学生以下¥2,000 
るんるんペアチケット¥6,000 (¥1,000お得!)←8組様限定!
るんるん10日の公開レッスンとの通し券 ¥4,000 ←8組様限定!


チケットのお申し込みはこちらをクリック♪

会場:ノワ・アコルデ音楽アートサロン

主催:ノワ・アコルデ音楽アートサロン
後援:豊中市
協賛:大阪ガス住宅設備株式会社
協力:ミュージック・アート・ステーション

お問い合わせ:ノワ・アコルデ事務所(TEL:06-6862-8855 FAX:06-6868-0595)




【出演者プロフィール】

深澤 功(Isao Fukazawa)Isao Fukazawa.jpeg
1984年国立音楽大学卒業。これまでに松野茂、中博昭、小野崎充、ダンカン・マクティア各氏に師事。'86年九州交響楽団首席コントラバス奏者に就任。'89年アフィニス文化財団海外研修生としてロンドンに留学。帰国後、オーケストラでの演奏活動と共にアメリカ国際コントラバス協会コンヴェンション、スコットランドダブルベースフェスティバル、福岡、大阪、東京等で数多くのリサイタルを行い、また宮崎、北九州、倉敷、フィンランドのクフモ等の音楽祭から招待を受け、多くの演奏者たちと共演。ソロ、室内楽共に活発な活動を展開し高い評価を得ている。近年はサイトウキネンオーケストラへの出演も多い。CDは5タイトルをリリース。現在九州交響楽団首席コントラバス奏者、平成音楽大学、福岡女子短期大学音楽科講師、九州ベースクラブ代表幹事。弓道三段。


藤本 史子(Fumiko Fujimoto)fumiko.jpeg
九州女学院高校(現ルーテル学院)を経て、国立音楽大学ピアノ科卒業。ピアノを、吉川由三子、小池和子の両氏に師事。これまでに、幾多の音楽コンクールで入賞し、2008年、国際ピアノ伴奏コンクール優勝。2009年、日本ピアノ歌曲伴奏コンクール優勝。2006年、スイスレンク国際音楽アカデミーにて、ソロ、室内楽をアドリ アン.コックスに師事し、デュオで共演。NHK交響楽団、九州交響楽団のコンサートマスターや首席、次席奏者,東京ベートー ヴェンカルテット,ウィーンラズモフスキ−四重奏団をはじめとする、国内外の、著名な演奏家や声楽家と共演中。現在、フリーのピアニストとして、室内楽、伴奏法を上田晴子氏に師事しつつ、主に日本フィルソロコンサートマスター木野雅之氏、九響首席コントラバス奏者深澤功氏の伴奏者として全国各地で活躍しており、両氏とのCD.DVDもリリース。又、スコットランドDG地球救援音楽祭、球磨川音楽祭、みおつくし音楽祭、八女おりなす音楽祭等にも出演。


posted by nowa応援隊 at 12:46| Comment(0) | 主催コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: